北海道歯科医療管理学会とは

北海道歯科医療管理学会

北海道歯科医療管理学会は、旧日本歯科医療管理学会北海道支部です。

事務局

〒061-0293
北海道石狩郡当別町金沢1757
北海道医療大学歯学部 口腔機能修復・再建学系 クラウンブリッジ・インプラント 補綴学分野
TEL: 0133-23-2899
FAX: 0133-23-2892

 

日本歯科医療管理学会について

近年の歯科医療を取り巻く環境は、より高度な専門性が求められると同時に社会の動向に合わせた国民目線が求められる時代になってまいりました。歯科医療管理学は実際に診療を行うに当たって、いかにして学問を臨床に応用するかを考究することを目的とし、時代の要求から、従来の診療室のみにとどまらず社会の中での歯科のありかたを考察する社会歯科学の一翼を担う学問と言えます。

日本歯科医療管理学会は、日本歯科医学会23専門分科会のなかで、歯科医療管理学としての学問を具現化し、国民が求めている安全・安心・信頼の歯科医療を研究・研修する学会です。近年の我が国は、超高齢社会の進行、う蝕減少等による疾病構造の変化、ICTの利活用による医療・保健・福祉分野の情報促進、国民の医療への意識の変化等、歯科界を取り巻く環境は大きく変化してまいりました。

超高齢社会が進行する今日、国民のニーズに応えるためには、地域住民を主体とした各関係機関との連携強化、医科医療機関、行政各関連機関及び地域包括支援センター等との連携を含めた地域包括ケアシステム(地域完結型医療)の構築等、新たな歯科医療の提供体制が必要となってきています。このような社会情勢の中、日本歯科医療管理学会は「医療安全」と「地域連携」を活動方針の2本柱として学会運営を行っています。

「地域包括ケアシステム」を推進するにあたり、「新しいかかりつけ歯科医のあり方」という視点で、妊婦から乳幼児、小児、成人、高齢者、障害者、在宅から終末期まで、医科の基礎疾患をお持ちの方や診療所に来院できない人も含めた地域住民のライフステージのなかで、地域住民が健康に過ごすために、如何にしてかかりつけ歯科医として地域の人々と向き合っていけるか、日本歯科医療管理学会は、かかりつけ歯科医がどのように地域包括ケアシステムと親密に関わりを持つかを探究する学会でもあります。

日本歯科医療管理学会は、「医療安全」と「地域連携」を柱に「かかりつけ歯科医機能」を充実させるための研修会を行い、地域包括ケアシステムを推進してまいります。

日本歯科医療管理学会HPより